クレンジングの役割と注意点

クレンジングの役割は、ファンデーションやチークなど、油溶性の汚れを落とすことにあります。日焼け止めクリームを塗ったり、メイクをした時には、1日の終わりには落とす必要があります。通常の水だけでは、ファンデーションなどの油性の汚れは、水が油をはじくので落としきることができないです。

水分と油分を上手に馴染ませる、界面活性剤が含まれるのがクレンジングです。日焼け止めやメイクも、界面活性剤の成分が含まれることで、しっかりと油分の汚れを落とすことができます。肌への優しさで選ぶのであれば、ミルクタイプやクリームタイプは、肌負担が少ないクレンジングをすることができます。

いくつかの種類があり、タイプによって油分を落とす力も違いますし、肌への刺激としての強さにも違いがあります。最も強力にメイクを落とすことができるのは、オイル状のメイク落としです。

ファンデーションなどもしっかりと落としてくれる、心強いメイクオフのアイテムですが、利用に際しては注意点もあります。既に油分を落とす成分が配合をされているので、肌には全くの刺激がないものではないので、正しいメイクオフをする必要があります。メイクは落としきる必要がありますが、力を入れて時間をかけて洗うのは、肌への負担が大きいです。

人間の皮膚は真皮と表皮で、ほんの0.2mmほどの薄さしかないです。時間をかけて強い洗浄料を使い、力いっぱい擦っていては、油分を落とす前に肌を傷めてしまいます。その日のメイクに適したメイク落としを利用して、できるだけ短時間でメイクオフをします。あまりにも少ない量だと、顔の肌と手のひらのまさるで、皮膚の表面を擦ることになるので、肌には負担になります。

メイク落としにはそれぞれに、大体の規定量があるので、たっぷりと手に取り、肌には摩擦のないようにします。マスカラなどのアイメイクなど、ポイントメイクにはポイントメイク専用のリムーバーで、ソフトなメイクオフをすることも大切です。

毛穴の汚れを落とすクレンジング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です