懐石料理のうどん

うどんという食べ物は不思議な食べ物だと思う事があります。
それは全国チェーン店のうどんのやすさもあれば、四国の讃岐うどんの独特の食文化、そして、地域によってはコシのないうどんが美味しいと言われたり。
うどんといっても、その地域によって全く違う食べ物になるのです。
そして、今回、私はうどんの懐石料理屋さんに行ってきました。
駅の繁華街を少し抜けて静かになった辺り、そして通りを一本入ったところにそのお店はあります。
厳密に言うと、このお店、通常は懐石料理を提供しているのですが、地元野菜が端境期になる季節に懐石はお休みとなり、その間、「うどん懐石」として開店しているのです。
懐石料理のお店なので、元々隠れ家みたいなお店で、完全個室のおしゃれな雰囲気。店に入るまでの石畳も実に風情のある感じなのです。
今回、私はお清し(1200円)を注文。うどんに小鉢が付きます。
小鉢は小松菜とコシアブラ、原木しいたけのおひたし。この辺りが懐石料理のお店らしく、とても上品な味のおひたしなのです。
うどんはトッピングに豚のそぼろ、コシアブラ、薄揚げ。うどん自体は細目のうどん。
おつゆは薄味なんですが上品で出汁が効いててとても美味しかったです。
さすが、日本料理屋さん。コシアブラは芽の部分でしたが、香りが強く、少し苦味もあって春の味。薄揚げは焼いてあるので香ばしく、うどんによく合います。
うどんを提供している時期を宣伝しないにも関わらず地元の人には知れ渡ってきて、店主曰く、困っているそうです。
とはいえ、美味しいうどんですし、これからも続けて欲しいと思った一日でした。

看護師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です