動物細胞と植物細胞の違い

高校3年生は河合塾で受験勉強をしたのですが、単なる暗記科目の生物や日本史は授業がなくても良いのではないかと考えていました。しかしセンター試験の直前にあったテストゼミ形式の授業を受けて、暗記科目に対する感覚が変わりました。単純に暗記するよりも、説明の上手な先生の授業を受けることはやはり定着率が良いんですね。特に今でも覚えていることがありまして、それは動物細胞と植物細胞との違いです。植物細胞には動物細胞が持っていないものが3つあります。それは細胞壁と葉緑体と液胞です。植物は細胞壁がないと重力に負けてしまうので立っていられないのだと図解で教わりました。あの説明は本当に上手だったと思います。そして植物には葉緑体があるので、水と光と二酸化炭素ででんぷんを作り出します。同時に酸素も作ります。その作用がなかったら、地球上には酸素が存在しないことになります。そして最後に植物細胞は液胞というものを持っています。その液胞の中には老廃物が貯蔵されるような仕組みになっています。それで植物は動物と違って、排便や排尿がないのですね。そして最後に動物細胞だけが持っているものがあります。それは中心体です。細胞分裂の際に大きな役割を果たすとのことです。生物は細胞の領域だけは、点を落とす気がしませんでした。

車売る時期 タイミング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です