視力の低下は少しずつ進んでしまう

“加齢とともに、身体が少しずつ衰えていくということをわかっていても、実感する瞬間は不意に訪れます。
その中のひとつに、視力の低下があります。
もともと視力が良いため、目のことについて心配した経験がありませんでした。
これからもしかしたら、老眼という可能性はあっても、まだ関係のない話だと思っていました。
ですが、スマートフォンやパソコン、タブレットなどを日常的に使うようになって、視力の低下を感じるようになりました。
急に見えなくなるわけではないので、初めは全く気づきませんでした。
車を運転中に、遠くの標識が多少見えにくいと思うことはあっても、見えないわけではないので気に留めずに生活をしていました。
ところが、運転免許証の更新の際に行う視力検査で、今まで当たり前のように見えていた記号が、よく見えなくなっていたのです。
運転に差し支えるほどではありませんでしたが、とても良いと思っていた視力は、とても良いとは言い難い程度に落ちていました。
日常の生活の中では、遠くの文字などが多少見えにくくても、これまでの経験で理解できることも多く、実際に視力を検査する機会もなかなかありません。
だからといって、大丈夫と過信をせずに、スマートフォンやパソコン、タブレットなどを利用する際には、凝視しすぎず適度に休息を取りながら、ブルーライトをカットするメガネなども積極的に使いながら、目にやさしい生活を心がけたいと思います。”

珠肌 最安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です