転職活動について

転職エージェントを使ってみてを使ってみて私が思ったことは、一通りすべてのエージェントを見てみることをお勧めします。
基本的なことですが、エージェントによって求人内容も大きく違いますし、何よりも求人検索のしやすさが違います。
大まかに都道府県だけで検索するタイプもあれば細かく市区町村まで検索可能なエージェントもあります。結果どの地方にでも行けるフットワークの軽い方や、家庭がありその土地周辺でしか働くことができない方など自分に合ったエージェントをまず見つけることが大切です。

転職活動で大切なものは、前もって調べておくことです。転職先もそうですが、転職先が決まっていれば対して自分から何かすることはありませんが転職するまでに何日間か時間が空く場合、社会保険から国民保険への加入など国民年金や住民税など変更手続きをしなければならないことが多いです。
特にそれらの変更をしなければならない期間や、会社負担がなくなり自分で支払わなければならない金額を把握しておくことも良いでしょう。
普段は給料からの天引きで意外とどのくらい支払っているのかなど把握できていなかったり、年収で支払う金額が大きく変わっていますかあら、転職期間に貯金がなくなるなんてことが無いように注意しましょう。

就職活動で大変だったことは、面接の際に求人内容と合っていない部分があり辞退することが多かったことです。
転職エージェントを使用していても求人内容の詳細がいまいち分からないことがあります。例えば、土日祝休みとあれば基本年間125日程度の休日があるのですが、面接で聞くと「基本的に土曜日は隔週でお休み」と言われることも多くそうなると年間105日程度になり20日間もの差が生まれます。一か月も差があるのは大きいですよね。
それに残業時間ですが、月30時間と記載されていたりします。この場合だと一か月20日間働いたとして一日当たり1.5時間の残業でこのくらいなら許容範囲内だし30時間の残業だと少なからず3万以上残業代も付きますし稼ぎたい方にはいいと思います。しかし、いざ面接に行くと30時間と記載されていたにもかかわらず、実際は60時間以上だったりします。求人に明記出来る残業時間とは30時間まででこれを越すと問題があるために書きたくても書けないのが今の現状でもあります。

介護 転職 求人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です