転職は慎重かつ大胆に

私が就職活動をしていた十数年前、よく聞いたのが「新卒の3割が就職後3年以内に辞めてしまう」ということでした。
活動に苦戦していた当時の私には、せっかく得た仕事を手放すことが理解できませんでした。

そしていざ就職してから十数年経った今振り返ってみると、私の友人たちの半数以上が3年以内に辞めていました。
言われていたことが事実どころか、私の周りだけでいえばもっと高い確率でした。
どうしても職場や仕事内容が合わなかった、激務で体調を崩したなど理由は様々でした。
かく言う私は3年どころか5ヶ月で辞めました。

さすがに2社目は絶対に辞めないよう、よく考慮して仕事を探さなければならないですし。
また1社目が短い期間だったために世間では職歴と認めてもらえるはずが無いと考え、様々な方法で求人を探しました。
転職サイト、新聞の求人欄、転職雑誌、卒業大学の就職課、ハローワークなどいろいろと覗いてみました。
すると探せば結構あるもので、当時「第二新卒」という言葉が生まれ始めていたこともあり、覚悟していたほどの苦労はせず無事に再就職することができました。
再就職先はリクナビで見つけましたが、他のサイトにも多くの求人がありましたし。
自分と募集資格が少々違っていても、ダメでもともとと応募して面接に呼んでいただけたこともありました。
転職活動で大切なことは、次の仕事選びが最後の職探しと考えて視野を広げて慎重に探し、大胆に動くことだと思います。

前出の友人たちも退職後はすぐに転職し、皆最初の就職先よりももっと自分が好きになれる仕事を見つけていました。
中には短いスパンで仕事を変えている人もいますが、ほとんどの友人は2つ目の仕事を長く続けています。

二十代前半の若者の決心や判断が必ずしも正しく、自分にフィットするものとは限りません。
最低でも3年以上は務めなさいというアドバイスもありましたし、それは正しいと思います。
ですが「引き返すなら早い方がよい」という考え方もある気がします。

私も幸いに2社目の仕事がとても合い、職場の方々にも良くしていただき9年務めることができました。
仕事を通して新たに学ぶこともでき、資格も取得して「5ヶ月転職」という劣等感から少し抜け出すこともできました。
出産を機に退職となってしまいましたが、若かったあの時の判断は間違っていなかったと思います。

マイナビ 就活 Meets Company 大学生 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です