食事の時間帯や脂質について

私は食事をする時間帯や脂質に気をつけて生活しています。

以前何も気にせず深夜に好きな揚げ物やキッシュなど脂っぽい脂質の高いものをよく食べていたら段々胃にもたれるようになり、最終的には急性膵炎になって入院し、大変なことになってしまいました。

なので、退院してからは脂質に気をつけるようにしています。

退院してすぐ位は揚げ物とか脂質の高いものは膵臓に負担をかけてしまうので避けていましたが、今は退院してもぅ7年経ち、脂質も体には必要な栄養素なので、医者からは普通に食べてもらって大丈夫と言われているので今ではまた揚げ物もよく食べるようになりました。

しかし、遅い時間に食べると消化器官に負担をかけるようなので、夜20時までには夕食を済ませるように心がけています。

どうしても20時以降になってしまう場合はおじやとか卵丼とか、ご飯中心の消化に良さそうなものにして、脂質が多いものは避けるようにしています。

脂質をなるべく減らす為に、鶏肉にしてももも肉よりもささみや胸肉をなるべく使った料理にしたり、肉系ばかりでなく魚や野菜中心のメニューも取り入れたり、本来なら揚げる料理法の時も油少な目の揚げ焼きにしたりと、食材や料理法も工夫するようにしています。

しかし、食事に気を付けていると必要な栄養素が取れなくなって体調が悪くなったり眠れなくなったり、元の木阿弥です。

そのため私は健康サプリメントも併用して取っています。
グッドナイト27000

早く寝て、早く起きる

早く寝るのはけっこう難しい

仕事から帰ってきて食事の支度をして片づけてお風呂に入ったら11時を回っていることはよくあります。

まだやらなきゃいけないことがあってもここで何かを始めてしまうと寝るのはすごく遅くなってしまいます。

それだと次の日の朝が辛い。

なかなか起きられなくてバタバタと支度をしてあわてて家を飛び出すってことも、、、1日中が追われてる感じであまり気分がよくありません。

10時に寝て5時に起きる生活

そこで最近私は朝5時に起きるようにしています。

最初はなかなか起きられなかったけど毎日続けるうちに目が覚めるようになりました。

朝、その日にやるべきことをやってしまうと帰ってからが楽です。

夕飯を食べてお風呂に入ってしまえばあとはもう寝るだけなのでのんびりできます。

おまけに早起きしているので12時前にはすごく眠くなって布団に入ったら記憶がありません。

熟睡できると朝の目覚めもいいです。

それに12時前に寝ると成長ホルモンが分泌されて新陳代謝が高まり、肌にもいいと聞いているので美容のためにも早寝早起きを続けていこうと思っています。

ただ、昼食後は眠くなります。ちょっと目をつぶると意識がなくなるときもあります。

昼休みを超えて寝てしまわないように注意しなくてと思っています。

そういう話を知り合いとしたのですが、

どうしても、夜寝れなかったそうです。

で、終わらないのがこの友人でインターネットで北の大地の夢しずくというサプリを探してきて1か月ほど続けてみたそうです。

今ではぐっすりと寝れているそうです。

そういう、解決方法もあるんですね。